愛知芸術文化センター地下
入庫:7~24時 /出庫:24時間随時

お知らせ

アートパーク東海駐車場 現在の状況

『レイヤード ヒサヤオオドオリパーク』に行って来ました!お知らせ

先日2020年9月18日(金)にオープンした、久屋大通公園内にある「ヒサヤオオドオリパーク」へ

我々スタッフも早速行ってきました!

 

「ヒサヤオオドオリパーク」は栄交差点の北に位置し、ファッションやグルメ、アウトドアなど多彩な

ジャンルが揃った店舗が集まる、栄エリアの新しいスポットとなっています。

また地下にある「セントラルパーク」とエスカレーターやエレベーターで直結しているので、地上と

地下の行き来もとっても便利ですよ。

 

さて地上公園は北から順にZONE1〜4までの4エリアに分かれており、それぞれ特色があります。

 

ZONE1:大型芝生広場のある学びの森ゾーン

ZONE2:小径のそぞろ歩きを楽しむアーバンリゾートゾーン

ZONE3:スポーツとアウトドアがテーマのコミュニケーションゾーン

ZONE4:巨大水盤の広がる新たなシンボルゾーン

という構成になっています。

 

まずは全体を歩いてみました。パークを北の方へ行くほど芝生の広場が多く、快適に時間を過ごせる

エリアになっています。中心部はカフェが点在し休憩がてらお茶するのに最適かも。

そして南の方へに行くほどお店が多く、商業エリアとしての側面が強くお買い物の目当ての人が多い

感じがしました。

 

ぐるっと歩いてみると、パブやカフェ、アウトドア、スポーツ、ファッション、書店など、とてもバラエティに

富んだお店が並びとても賑わっています。なかでもいちばん南端にある「ミズベヒロバ」ではとっても

きれいな水盤があり、時折ミストが出る憩いの場になっています。ちなみに夜に来てみたら、この水盤に

キレイにテレビ塔の夜景が逆さに映っているではありませんか!コレは一見の価値アリですよ!

 

その「ヒサヤオオドオリパーク」にほど近い愛知芸術文化センター内の愛知県美術館では「古代エジプト展」を開催中。

その地下にあるアートパーク東海駐車場なら、駐車料金が平日10時~18時まで、最大1,200円。

古代のロマンを感じた後は「ヒサヤオオドオリパーク」でゆっくりランチ、その後はオアシス21や「ヒサヤ

オオドオリパーク」で優雅にショッピングやアフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょうか?